CALENDAR

« 2017.07 »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

金魚clock

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

夢ーみん庭日録
せっせとお庭をつくります。 さてさて  今日はどんな一日になるのでしょう

スポンサーサイト

--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝島への応援フラッグ

12.04
Fri
P1030505.jpg

祝島の状況についてはこちらを。↓

http://iwaijima.jugem.jp/

遠く離れていても応援しようと、布メッセージの呼びかけに参加しました。
大きな布メッセージが出来上がって、祝島の上関原発建設を反対する島民の会に送りました。


この布メッセージはあちこちを回っていろいろな方が書いて下さったのですが、
その中のお一人に、「海軍特攻隊の生き残り」で祝島は訓練していた場所ですと仰られる方がおられました。
そんな事ってあるんですね。
まさかあの祝島のことだったとは・・・と、感慨深げにお話ししながら寄せ書きを下さいました。



P1030506.jpg


そうしたら、祝島繋がりで、知ったこのお方のお父様が同じ海軍特攻隊でした。
なんか不思議なかんじがしました。
応援フラッグを作る中で次々繋がりが出来てくる展開でした。

http://www10.ocn.ne.jp/~veeten//yaponesia/shop/shopindex.html


そして祝島の記録DVDを私の所に送って下さいました。
DVDの作成、コピー、郵送等、すべて無償で何人もの人が関わり届いたものです。

届けられたDVDは活かしていきます。どうもありがとう!

BOOちゃん、笛を吹く

12.04
Fri

P1030491.jpg


弥勒(みるく)http://homepage1.nifty.com/ASIBI/のお二人が先月遊びに来てくれましたよ。

その時、ご案内した出雲大神宮のご神体の山で、BOOちゃんが笛を吹きました。


記念にアップ!この一枚で何の説明もいらないね。


みるくさんたちは、豊島、祝島を経て、我が町に立ち寄り、

福祉施設でコンサートをしてくれて、三重に旅立ったのでした。

感謝。

ベジフェスな日

10.05
Mon
s-P1030391.jpg



京都岡崎公園へ。
http://www.vegetarianfestival.jp/京都ベジタリアンフェスティバルに行きました。
最近、何かと忙しく、ここにはやっとオンタイム。

お友達が何人かお店参加してます。おいしくって安全で手の込んだいい物が沢山ありましたよ。
来年は早めにお知らせしますから、是非どうぞ~ 来年は一緒に行こう~
お天気が良かったので、5000人の人出になったとか。
午前中に行ったのでよかったです。午後だと売り切れ続出だそうです。



野菜だけのお出しのラーメンと、野菜たっぷりのカレーと、玄米ひじきおにぎりと、ナッツパイと、湧き水と、本と、フラックスシードと、フラックスオイルと、ブロッコリーシード等を購入。

見て回るだけでも楽しい広場でした。

ステージのインド舞踊。

http://wind.ap.teacup.com/toshiko_thenral/

インド舞踊があんなに激しいステップで表情豊かだなんて。


s-P1030398.jpg

踊りの意味も一つ一つ説明を聞きながら堪能しました。
ワンコインチャリティの彼女の踊りのDVDも買いました。
ゆっくり見るのが楽しみ。


s-P1030400.jpg

終ってから、ふと、ついでにお墓参りに行こうかということになり、
お彼岸代わりに法然院まで。

ちょうど住職さんの講話のある日だということで、ちょっと顔出しのつもりで参加。
ここの住職さんはいろんな事をされていて、京都ではちょいと有名なんだよ。
法然さんとその時代の錚々たる宗教部門人材の話等、おもしろかったです。

今日はベジタリアン祭り&法然院法話で、
まるで精進の日になっちゃったねと帰路、おっとっとさんと話していたら、
中川氏のあのニュースが流れて、何ともかんとも。
どうして日本の政治ってこういうこと多いんだろうね。

梅味噌・梅サワー・梅シロップ

06.08
Mon
P1030207.jpg


きのう、おっとっとさんと梅の実を採ってきました。
外側の手の届く範囲だけで、4キロ以上になりました。

何の手入れもしていない梅なので、虫食いの跡もあり。
でも取れたての新鮮青梅。
生き生き元気そうな青梅を一晩水につけて、朝から仕込みました。

蜂蜜に漬けた梅シロップ。
味噌に漬けた梅味噌。
お酢に漬けた梅サワー。

お酢は玄米黒酢。
砂糖は氷砂糖ではなく、粗目と黒砂糖、分量は6~7割と少なめです。
どうなることやら。

ついでに、発芽玄米もいい頃だったので、ミキサーにかけました。
これを冷蔵庫に置いておくと、3,4日後にはヨーグルトに変身です。
3分の1を紫米にしたので綺麗な色になりました。


4月「チェルノブイリの集い」でのこと、
清水寺で小出裕章さんの講演会のこと、早くアップしなければ。

カタクリの花と謎の達身寺

05.07
Thu
P1030143.jpg

4月の始め、氷上町にすむお友達のせっちゃんに案内して貰いました。
偶然にもカタクリの花の群生地が見所の時期でした。

P1030146.jpg


カタクリの花は開くごとに花びらの一つ一つがクリンクリンと外側にカールしていきます。
そしてその色は、全くの和の色。
母の着物にもこの色はありました。
万葉集にも多く読まれるこの花は「日本の色」の一つのスタンダードであるに違いない。

P1030148.jpg





http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%94%E8%BA%AB%E5%AF%BA達身寺


target="_blank">P1030155.jpg


未完の木彫仏の多さは圧巻です。
何故これほどの多さ、同じ類型、それも本尊タイプの仏像ばかりが多く残されいるのか、
何も文献等残っておらず謎なのだそうです。
快慶が若い頃「丹波の仏師」と名乗っていた事がわかっているそうです。
その時代の仏師の集まる工房寺との推察があると寺の説明でした。

快慶は今までたっぷり見て来ていますが、本当にそうだろうと私は思いました。
快慶はルネッサンスと連動していたともいえる芸術家です。
寺勢力をスポンサーに利用し、信仰心レベルでなく自身の芸術を高めていった時代の突破口を作った彫刻家です。
あの快慶のタッチがたっぷり、未完であることが逆に製作工程もわかり、それもまた圧巻でした。
またゆっくり見に行きたい。

雨が降る・雨粒は別れて北と南に

05.07
Thu
P1030139.jpgここは兵庫県氷上町。
日本一低い分水嶺の地点のある町です。

これは観光用にわかりやすく作られた水路。実際は地下水の水路が二つの川の源流となっているとか。
P1030138.jpg

ここに降った雨の雨粒は降りた地点で日本海と瀬戸内海に別れて旅立つのですね~
100メートル水位が上がると、地下で繋がっている回水廊があふれ、加古川と円山川がしっかり繋がってしまうのだそうです。
そうなると、日本列島に島が一つ増えることになるやんね。
大きな島、西日本島かな?

腐らない野菜

05.07
Thu
P1030135.jpg

すっかりご無沙汰のアップです。
正月明けから何かと忙しいったらありゃしない日々でございました。
今年は星占いによると、水瓶座は12年に一度のブレークする年なんだとか。
大きな幸運っていうのも、振り幅が大きいって事だろうから、
どっちにも触れるんじゃないかなんて、年季の入った見方もしてみたり。

さてこの大根と白菜。
自然農をされているミツコさんの畑で収穫されてから、ほぼひと月経過したモノです。
新聞に包んで冷蔵庫に入れていました。
包みを開けてみると、びっくり。芽が出ています。
葉物(小松菜、水菜など)も日にちが経過しても、いつまでもしゃき~んとしてるのに、感心していましたが、腐りもせずまさか芽が出ているなんて!
自然農のお野菜って云うのは、こんな風に強い生命力を見せてくれ、よく見かけるような葉先からべトッと腐っていくことがないのです。
水分が失われ最後紙のように枯れて薄く無くなっていく点は慣行農法の野菜との大きな違いです。


ミツコさんは7年位だったか、肥料は河原のススキやらの緑肥だけを冬、畝の上に積んで置くだけを繰り返し、畝の根幹部分は掘り返さない不耕起農法です。
今では何でも育つ、ふかふかの土なんだそうな。
不耕起農法、自然栽培は大きく育たなくてもしょうがない・・・とまずは諦念からスタートした私にとって、この野菜達はほんとにびっくりの、頂いて大喜びの、贈り物でした。
もっとほしいと催促してしまいました。^^

今度、みなさんにもご紹介しましょう。
ミツコさんの畑に行って、写真を撮ってアップします。
私も2年前までは、「チッソリンサンカリ」と唱えていたので、まだ目から鱗が続いていますが、
ほんとなんだよ。土と種の力だけで野菜が育つんだよ。

DIG 根っこほり

01.30
Fri
P1030095.jpg

大きな根っこでしょう?
1.5tの力の滑車で掘り出しました。
自然農で知り合いになった方が遠く丹後半島から滑車を運んできて下さって、総勢7名、(実質2名なんだけど)で掘り出した大きな根っこを転がしました。

掘り出しだあと。
P1030096.jpg

根っこを転がしたあたりは、払った枝を積んで鹿よけ用にしていましたが、その木々の下が、ふかふかの立派な腐葉土になっていました。その腐葉土をこの穴ぼこに入れてみよう。
腐葉土はまだまだたっぷりあって、嬉しい。
これから緑肥だけで充分やって行けそうです。


P1030086.jpg

やがらという小鳥が群れで毎日やってきて、この柿をすべて平らげてしまいました。今はへただげが残っています。




P1030078.jpg

栗の葉っぱの落ち広がりの状態が綺麗です。
人間の手で撒いたら、こうはいかない。




P1030090.jpg
残念ながら白菜はまかないまま。
白菜が巻く巻かないは、肥料の問題ではなく、種蒔きとそれからの天候で決まるのだそうです。無肥料でおいしい白菜を大きく育てているYさんの意見だから確かかな。

春にとうが立った時、その蕾がとてもおいしいそうな。




P1030079.jpg

人参も小さなまま。
今年は畝をもっと大きくメンテナンスしよう。

マガモたち

01.30
Fri
P1030101.jpg

池にはマガモのつがいが2ついて、このつがいはもう一つのつがいにいつもいじめられている方。
4羽に一度にパンをやろうとすると、このつがいはもう一つのつがいの雄に追いかけ回されて、
向こうに追いやられてしまう。
あんまりかわいそうだから、彼らにえさをやる人たちは、
ついついこっちのつがいに重点的にパンやえさをやるようにしてると、よく聞く。

でも、よく考えるとそれがいじめられる理由かも知れないですね。
それで、こないだから最初にいじめる方のつがいにたっぷりやってから、
このつがいにやることにした。
まだセラピーの効果は見られず。
って、なにやってんだか・・


こっちのいじめられてる方のつがいはとっても人間になついて
こんなに近くに寄ってきたり、手渡しでパンを食べるほどに。
結構ゆったり過したりしてる。
それなりに4羽が一緒に同じ池にいるのだから、
それでいいのかな。
去年の春から渡らずいついて、この冬は池に他の鴨が来たら、4羽でガーガー追い立て追い出しちゃったらしい。

ブロッコリー 生育の違い

12.19
Fri
CA390070.jpg


CA390071.jpg




CA390076.jpg




CA390077.jpg



同じ時に苗やさんで買ってきたブロッコリ-。
一番大きいのは25㎝。小さいのはまだ蕾も出来ていない。
木陰の合間の畑だから条件が違うので、試しにあちこちわざと場所を変えてみたのだが、こんなに違うとは。日照も土の条件も大きく違うのだなぁ。

来年の作物の参考にしよう。

小さなブロッコリーはでも元気。
ゆっくり大きくなれば時間差でいただける。
自然農法の負け惜しみと違うよ。^^

FC2Ad

FC2 / hty

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。