CALENDAR

« 2007.06 »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

金魚clock

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

夢ーみん庭日録
せっせとお庭をつくります。 さてさて  今日はどんな一日になるのでしょう

スポンサーサイト

--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

服部良一 立候補

06.25
Mon
hattori.jpg




文句の付け様が無いでしょう!
今度の参院選、大阪の選挙民は何も迷わなくともいい。
服部良一さんが立候補します。




服部良一さんのブログ。
大阪の選挙民、息子よ 見るべし↓ 

http://810ri.seesaa.net/810Blog




http://www.kiyomi.gr.jp/index.html辻本清美のつじもとWEBにも詳しく紹介。↓



http://www.kiyomi.gr.jp/blog/2007/06/12-1316.html服部良一さん物語



http://www.kiyomi.gr.jp/blog/2007/06/12-1317.html服部良一さんと対談しました


-------------------------------------
所信表明

1,憲法九条を変えたくない、守りたい。

平和憲法は、大きな犠牲があった戦争を経た「日本の良心」であると思います。

アメリカに追従するのでなく、過去の戦争の反省の上にたって、アジアの一員として世界平和に貢献する日本となることを目指します。



2,「ひびけ、沖縄のこころ」

今、名護市辺野古にあらたな米軍基地がつくられようとしていることに反対し、基地のない平和な島、沖縄のために、山内徳信さんと一緒に奮闘して参ります。

米兵たちの事件事故の被害者が、泣き寝入りしている現状をかえていきます。



3,"貧乏人"が生きていける政治を。

強い者だけがますます強くなる弱い者いじめの格差社会を是正するために、聞くに堪えない事件が横行する暗い社会はもうたくさんです。

ほんとうに思いやりがある教育や政治を実現して参ります。


------------------------------------------

長いものは長く

06.25
Mon
DSC01058.jpg




今回の畑、おっとっとさんの力は借りずに自分ひとりでやろうと始めに決めていたのですが、畝作りのデザインしてみたら、杭の間に渡す長い竿が足らない。
ここいらの皆さんは、近くの自由に切って使える竹やぶの竹を使っておられるとか。

ならば買うよりも、いいし、竹やぶの間伐にもなるし。


しかし、どうイメージしてみても、自分で竹をのこぎりで切れそうな気がしない。切って枝を払いそれをここまで運んでくることが自分に出来るなんて、とても想像出来ない。


そんな時物置で目に付いたのが、この使わなくなったカーテンレール。
長さも丁度ピッタリでした。^^



さすがにちょっと恥ずかしいので、道路際から遠いところに渡しました。



きゅうりや豆にはしていません。
つたがこまに頼って絡まり、
風で右左にザ~ザ~と動いたら、困るし。^^

2007,6,23 日没と七夜月

06.25
Mon
DSC01052.jpg




DSC01062.jpg




DSC01067.jpg



22日と24日の土砂降りの日を挟んで、いいお天気の23日でした。
夏至の次の日の6月23日は沖縄戦終結の日。
米軍の本土上陸を引き伸ばすためだけに、民間人を巻き込み犠牲という言葉もまだ甘い程の残虐な体験を強いた戦争が日本軍の降伏で終了した日です。


ここのHPがわかりやすそうです。
沖縄戦争その実相http://www.mugisha.net/okinawasen.html




沖縄の写真家http://w1.nirai.ne.jp/mao-i/石川真生さん。
写真集を持っています。
写真展が奈良であったのに、行けなかったのが残念。



夏至の次の日が沖縄戦を追悼する日であり、
お盆の8月15日が15年戦争敗戦の日であることの偶然。
最終的に戦争によって亡くなってしまった人たちの気持ちに、魂に寄り添うことでしか戦争をしない努力をすることは出来ないのではないか。



夏が始まり真夏の炎天下の日まで、
そう思い考え祈り頭を垂れる。

スピリチュアルなフラワーエッセンス

06.24
Sun
DSC01074.jpg



「The Herling Herbs FlowerEssences of Dr Edward Bach」

調合されてるのはThyme:Yallow:PowderPuff(pink)


リーディングをしてヒーリングエッセンスを選ぶみたいなことだったかなぁ?よくわからんけど。
イギリスのバッチ博士はその手の権威だそうで、そこで学んだのよって女性が、私のために選んで作ってくれたのよ。
こんなにレベルの高い位置のものを指し示したのは今までに無く初めてだって、書き添えてあって。
わけわからないけれど、そういわれて悪い気しませんよね。しばらくほへ~って使っていました。コロンのように体の周りに吹き付けます。
でもいつしか忘れてしまって、まだ残ったままコロンと転がっています。 コロン^^。


もう何年も前のこと。
今ではその女性との出会いが行きずりの人みたいになっちゃった。
荒川静香をおとなしくしたかんじの人だったなぁ~
名前は最初の一字しか思い出せないし、住所はPCにしか入れてなくて、あれから2回はデータ紛失し、もう連絡しようのない人になっています。


あるライブ会場に居合わせ少しお話したきりでした。
「木や草や花が私の傍にいてくれてありがとう」と書いて髪一本送ったら、その人はそれを何とかストーンだったかのそばに一晩置いて、リーディングをしたら、そうだったとか。
料金は送料の切手代だけでいいって云われるのよ。
色んな人がおられますね~

一期一会でした。


今も欲しいかどうかって云われれば、
ん~・・畑の紫蘇の葉で満足。

夏至

06.22
Fri
今日は夏至の日。
夜明けから夕刻までたっぷり雨が降ってくれました。
今年は春先から雨の少なかったこと!
恵みの雨に感謝。




これは昨日6月21日の夕方。
この畑に通い始めた頃はもっと暗くなった時刻ですが、まだこんなに明るい。


DSC01042.jpg





畑の野菜たち。
元々化成肥料使わないので周囲の畑とは比べないようにしていますが、植え付けが遅かったし、雨も少なかったしで生育が遅かったですが、ここにきてやっと勢いが出てきましたよ。




育っていくのに接して感じる野菜の個性。
きゅうりはすくすくボーイ。

DSC01012.jpg




豆は賢い。
これは黒豆のインゲン。
黒豆がおいしいからインゲンの黒豆もおいしいかしらと。
苗屋さんに勧められて初めて植えてみました。


DSC01014.jpg




牛蒡。根の気です。
種の発芽がまばらすぎ~

DSC01016.jpg




茄子のちびっこ。ピカピカです。


DSC01028.jpg




ズッキーニ!
食べ方がいろいろあって、よくできた野菜だわ


DSC01020.jpg





トマト!個性的!
殆ど肥料なし。でも旺盛な枝葉の中に沢山なっています。

DSC01026.jpg




とんがった実はイタリアントマトだったかなぁ?
今年は苗屋さんにたくさんの種類のトマトが。
でも植え付ける時に台風みたいな風の中、おお慌ててで植えて、もうどれがどれだか、わかんなくなっちゃって。食べてみたら分かるっと。


DSC01030.jpg






プリンスメロン。楽しみ。


DSC01023.jpg




スイカ。いっちょまえにスジの模様が。
楽しみ楽しみ。

DSC01025.jpg




ちしゃの葉。
焼肉を包んで食べる葉っぱ。
昔京都にこの名前のお店があったのよね。ジャズがかかっていたとか。


DSC01018.jpg




一応デザインしたんだけど、混みこみになってきました。
ミントとかぼちゃと、紫蘇。


DSC01021.jpg






おお!見事な虫食いです。
蝶々の青虫みつけたら、畔にぽいしてます。
持ちこたえるんだぞ!キャベツ!

DSC01022.jpg




「妙なる畑」の川口さんの畑も、無肥料無農薬の秋山さんのおりんごも、不耕起農法も一応分かっては居ますが、一律にすべてを即適応するものではないとの心情です。
「農法」や「--主義」と冠を付けたらダメって川口さんのおっしゃってる意味もよくわかります。
その土地、条件に合わせながらってところから。
草引きもするし、マルチも敷いてます

エコエコ

06.22
Fri
DSC01051.jpg


カーポートに降った雨を集める樋を道路側からこちら側にぐるんと持ってきて、ポリの容器に貯めています。
このポリはここいらではお漬物に使うのよ。白菜とか大根とか。
雨が2日もふればポリ一杯になって、玄関先の植木鉢ぜ~んぶの水遣りが賄えます。
ほんとに丁度ピッタリの量なんだわ。
エコですね。エコロジー。
わざわざ作ったというわけでなく、おばあちゃんの車椅子のために玄関先にスロープを作る時、ガーと掘り返している職人さんについでに頼んでみました。左官屋さんはちょちょいのちょいと樋を取り付けてくれて、樋の入る幅を蓋から切り取ってくれました。料金もなし~

蓋は蚊の成育促進阻止で必要なんですわ。
めだかを飼って水草を浮かせることも可ですが、それでは水やりができなくなりますし。

今色んなつぼみが膨らんできています。


近くの福祉施設の父兄達が地域に向けてバザーを月に1回していて、それぞれの職業を生かして色んなものをとってもお安く売ってます。
植木屋さんもいて花の苗もあり、丹後半島の方は海産物もいろいろ。
みんな親御さんは子供が入っている施設の地域の住民が買い物に来てくれるのが嬉しいみたい。
お金を払う時決まって大おまけしてくれるのです。
だからバザーは赤字のときもあると聞きましたので、「まけて貰わなくてもいいですよ。始めからお安いんですもの」って断りましたら、それならってこのバラの苗木がおまけになりました。



バラはそりゃ欲しいのですが、虫やら病気やら育てるのに殺虫剤、化学薬品使うことが苦手なので今まで手を出さずにいたのです。
ありゃりゃ、大丈夫かな?半分不安ありで貰って帰り、ほったらかし状態にもかかわらず、今年沢山の花が。
この蕾はもう三代目の蕾です。







DSC00997.jpg




上の蕾一つとったら、この子が私も~と。^^





DSC00998.jpg





桔梗。
ぷ~っと風船みたいに膨らんでいる蕾。


DSC00999.jpg





百合。
カサンブランか山百合か。去年、球根掘り出した時に分からなくなったのでどんな百合が咲くのかわかりません。もう5年目になるので諦めてたのですが、また今年も蕾が出来ました。貧弱ですけどね。

DSC01003.jpg




オキシべタラム。
園芸屋さんが次々新種に名前をつけるので覚えられません。
ガガイモ科だそうで、多年草、2年目。
去年種を取ったけれど、発芽しませんでした。
花がなんとも私好み。


DSC01005.jpg




ベコニア。
冬室内に入れて持ち越したのが一株。
これは外に出しっぱなしで既に消えていた所からグイグイ芽が出てきました。
おかしいんですよ。土も腐葉土やピートモスを足して混ぜているし、前の株が残っていなかった所からの出現。ベコニアも種からってことがあるんでしょうか?おかしい。
ともあれ、元気元気。

DSC01006.jpg




これはムスカリの種。
ムスカリは毎年球根分結で増えますが、今年種蒔きしてみます。
花がさくまでに4~5年かかるとか。忘れないようにしなくっちゃ。
種からだと元気だそうです。
球根の分結はクローンみたいなもので、羊のドリーも弱かった。


DSC01010.jpg




とう立ちしながらも、まだ花盛りのビオラ。

DSC01008.jpg

140mの高さから。

06.21
Thu
DSC00991.jpg





おっとっとが久々のお休み。
釣りにでも行けばいいのに、すぐに私を誘うのです。
美術館とか博物館とか映画とか。
こんな書き方、いやそうに聞こえるかなぁ?ま、いいや。^^



見たい映画はというと「ハルハ川」(ノモンハン事件をモンゴルの視点で描いたモンゴル製作の映画)には行きそびれ、
パッチギしかなく、時間的には大阪梅田の映画館しかありません。
京都は一日2回上映しかなかったのよ。
だめじゃん。イシハラの映画に負けてるじゃん。



少し早めに着いたので映画館の屋上に上がりました。
梅田スカイビルといって、大阪駅の裏側に出来たビル。
大阪駅の裏側は北方向ですよ。
だだ広い操車場跡の広場みたいなのが広がっていたところです。
大阪駅を阪急側に出て、線路を越えたあたりにビッグカメラのビルが出来、そのビルと操車場跡の間をテクテクあるいて辿りつきます。
って、誰に説明してるんだか。^^
とにかく梅田の地下に入ったら旭屋書店にも辿りつけない私です。
外を歩くのでまだ今の所はわかりやすかった。




140mの高さの屋上からの眺め。
飛行機はジャンボ機でしょうか?
こうやって見るとビルと変わらない容量の飛行物体です。








DSC00989.jpg




淀川。
うちの町の川もこの川に合流してます。
近年、随分水質がきれいになっているそうです。
上流もきれいにして、もっともっときれいな水になれ~!




そしてこれ。



DSC00995.jpg





高速エレベーターで昇ったあと、長いエスカレーターで屋上に出る時、車椅子がエスカレーターに乗る為の機器です。




実物始めてみました。
昔テレビでダウンタウンが司会していた、素人が発明品を発表する番組でこういうアイデアで作った作品を見た記憶があります。
まだ中学生くらいの男の子でした。
その時はほ~っでしたが、実用化されるようになってきたのですね。




車椅子に乗った人が階段を前にして、「この階段を登れません」と声を出せば、それ自体が「運動」だった時代(運動する事を強いられたともいえる)から生きていますので、ヒーロー見るみたいにデジらせて貰いました。
北欧製ではなく日本製なのもえらいね~なんて、このヒーロー君に見とれていましたら、車椅子の人を乗せてきた担当の方が、声をかけてくれます。
「これは80キロ制限なので小さいタイプなんです。大阪駅にはもっと大きなタイプがあります」って。あら、大阪駅、なかなかやるやん。
「さすが大阪ね~、私の街ではお目にかかれないわ」
するとその担当の若いおにいちゃん、
「どこから来られたんですか?」って。
大雑把に、答えると、そのおにいちゃん!
「僕、明日どこそこに行くんです!」
えっ!ピンポイントに私の市の町を口にするではありませんか。びっくりしたわ~



お仕事ですか?
「いえ、プライベートです。」
にっこり笑って、つづけて、
「彼女とデートなんです。彼女が選んで初めて連れて行ってくれる処なので、どんなところなのかなあ?って楽しみにしてるんです。いいところなんですってねえ」



ほぉ~!それはそれは~
ってしか云えませんでした。
なんか、びっくりしてあたふた。
まさかあんな梅田スカイビルの屋上で、そんな偶然もありなんだ~





DSC00988.jpg




どでかいビルの1階は人口の自然を作為。
子供が自転車に乗って遊んでいました。
近所の子供の遊び場かな?カブトムシいるといいね。




「パッチギ2 ラブ&ピース」
一作目の「パッチギ」の方が私はいいと思いましたが、
でも、よかったですよ。

キョンジャが発表会の会場でスピーチする場面は目頭があつくなりました。
「在日」の側から言いたいことはもっともっと山ほどあるだろう。そう想像させるだけでもこの映画は大成功。
なんだけど、一作目で大成功したんだから、
もっとお金かけて大々的に戦闘シーンを撮って欲しかった。DVDで「硫黄島からの手紙」のハリウッド資本のド迫力をみたあとだったからよけいかしら。
もっと本格的な大作品に仕上げてほしかった。
あれでイシハラの映画に勝てるかしらんってブツブツ云ってたら、おっとっとが「別に勝たなくていい」と横で悟ったようなことのたまう。




ところで帰路電車の中で、
あの男優役はNHK「純情きらり」の東吾さん役だった人だと私が云えば、おっとっとは「へっ?!そうかなあ?」
そして「あのアンソン役は純情きらりの酒屋の店員役だ」って。私は「へっ?そうかなあ?」


帰宅してネットを見たら、
「純情きらり」のヒロイン役が前作「パッチギ」のアンソン役と結婚したというトピック。


もう目がまん丸になって三回は「へっ?へっ?へっ?」
「パッチギ」と「純情きらり」がなんでこんなにリンクしてるん?

御座候

06.21
Thu
DSC00983.jpg





故郷の名物はこれ!
今川焼きとか回転焼きとか、そんな呼び方があるのをずっと後になって知りました。
どんなお店でもこの手のものはおしなべて御座候と云います。
故郷の人はみんな。 多分。




JR姫路駅の駅デパート地下の売り場です。
この奥にたこ焼き(明石焼き)380円、坦々面280円のコーナーがあって、これと駅プラットホームの駅そば(そばのおだしにラーメンの麺)を食べないと姫路に来たとは云えません。きっぱり。

おかえり! ただいま!

06.21
Thu
DSC00981.jpg



ばたばたばたばた。
この間、野暮用やぼようで故郷にはもう2回帰りました。
この町には18になるまでしか居なくて、それからの方がずっと長くなっています。
なのにいつも帰ってきたって駅に降りると思います。
生まれ育った場所ってこういうことかしら。
両親がいたからかしら。
今はもう、私にはお父ちゃんもおかあちゃんも居ませんが。





駅を出るとすぐこの光景。
お城がお帰り!と声をかけてくれて、私はただいま!って挨拶します。



大きな規模のお城で、家は旧内堀の中。
この駅前もその範囲でここいらは私の遊び場でした。
小学校から高校までもお城の周り。
野外での写生はお城しか書いたことありません。



このお城、世界遺産ですのよ!

FC2Ad

FC2 / hty

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。