CALENDAR

« 2007.10 »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

金魚clock

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

夢ーみん庭日録
せっせとお庭をつくります。 さてさて  今日はどんな一日になるのでしょう

スポンサーサイト

--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"Somewhere Over the Rainbow"

10.29
Mon
「Over the Rainbow」
映画「オズの魔法使い」の一曲です。


第二次大戦中、ジュディ・ガーランドが慰問先で何度も歌った曲です。
「虹の彼方に」平和が訪れる、いい時代がやってくる。
最後の歌詞は、
「Why can’it?」
なぜそれが出来ないの?




27日をむすびフェスタというイベントを開催しました。2002年から続いているこのイベントの今年のテーマは「平和」。
人手が少なくってパタパタパタパタしてる間に何とか終って、会場の外に出てみると、真正面の東の空に大きな虹がくっきりと!

偶然の自然現象とはいっても、人の計り知れないところの為せる偶然です。
まるで今日一日のプレゼントのような虹を見て、
もうこれだけで、何もかもすべてよし!として終る事が出来ました。







展示、出店、ステージの構成ですが、皆一口500円からの参画費、参加費を持ち寄ってのイベントです。
バックにスポンサーもいなければ、組織動員もありません。
市の広報、新聞に掲載してもらったり、あちこちポスターを貼らせてもらいチラシも配ったりで当日を迎えました。





何人の方が来られるかわからないけれど、
一人の人の心に届くものがあったら大成功。
いい時間を一緒に過しましょうと、開始前に挨拶しました。












展示パネル。
大谷鉱山遺跡、無防備平和都市宣言、エスペラント、世界連邦、イラク写真展、岡まさはる長崎平和資料館、亀岡文化資料館よりお借りした展示パネル。
日本の戦争加害、戦争と平和をテーマにした展示です。



三々五々多くの人が気楽に足を止めて見入ってくださいました。




DH000042.jpg









DH000031.jpg









DH000041.jpg











DH000043.jpg








DH000056.jpg









屋台も賑わいました。
関西よつば連絡会http://www.yotuba.gr.jp/

おいしいお豆腐、豆乳、ハム、ウインナーパン、りんごにバナナ。
破格の価格で協力!ありがとうございました。







DH000054.jpg









DH000036.jpg







DH000052.jpg








旅カフェ号のほしのあきさん!

特製カフェラテのおいしいことといったら!
DH000033.jpg

関組長http://sekigumi.ti-da.net/にもお越しいただいてお話を聞きました。

お二人の愛らしい旅カフェ号でした。







ももちゃんとセマチ会の伝統服姿!

セマチ会のセマチは5分の4のリズムのこと。
韓国だけじゃなく、日本人も国籍関係なく、韓国舞踊のサークル。
ももちゃんはもうすぐ、野口整体と食をコンセプトに養生所を開かれます。セマチ会はちぢみ。ももちゃんは玄米おむすびの出店です。


DH000048.jpg








ステージ
オープニングは趙博!http://www.fanto.org/





DH000061.jpg




夕方大阪で歌うキネマホタル公演のところ、駆けつけてくれました。
替え歌メドレー、生で聴けましたわ~
ありがとう~~!



DH000058.jpg








ステージの司会はこの二人!
こういう格好するのが大好きなんだって!





DH000063.jpg


平和をむすびましょうがテーマの今回でしたが、
をむすびフェスタのをむすびは、人と人、人と食、自然などなど、いろんなもの「をむすびましょう」が由来の「をむすび」です。
いいネーミングでしょう?彼女のネーミングです。
もう動くイメージキャラです。^^








地元のよさこいダンス登場!
電話での問い合わせが一番多かったです。出番は何時?
おかげさまでどっさりのお客さん。
終ったらサッ~^^

DH000051.jpg


DH000050.jpg








井上耕作さんhttp://www.k3.dion.ne.jp/~kochan/谷さんのお二人。

機材を持ち込みミキシングまでもボラ参加してくださって、大感謝のお二人でございました。
ありがとうございました!

DH000040.jpg





DH000038.jpg







よつばバンド。

よつばと云えばおいしいお豆腐です。
このメンバーが作ってるのですよ!
右から二人目の若いお兄ちゃん(でもパパ!)のボーカル!上手!



DH000027.jpg








未来の会による、演劇「折り紙気分」
自らの不登校の経験に基づいた脚本演出出演です。
招待されて国会でも演じられています。
よかったですよ。もう1回見たいくらいです。
ビデオDVDが出ればいいのに。
若い頃の気分がわからなくなった頭の固い大人は見るべし。





DH000029.jpg










長根あきさん

アイヌ語によるアイヌ神話語りとアイヌの楽器ムックリとトンコリの演奏です。

ご存じない方は是非聞いていただきたい。
アイヌ語のイントネーションと音の美しさ!


DH000013.jpg





DH000008.jpg





DH000010.jpg











馬頭琴の演奏。
自ら馬頭琴弾きと名乗られます。福井則之さん。





DH000024.jpg




素晴らしかったです!
馬頭琴の音色とボリューム感とホーミーの確かな響き。
チャーリーミンガスとエリックドルフィーのコラボに匹敵です。
でも彼はそれを一人でやるからね~
モンゴルの音楽はすごい!



DH000016.jpg










フィナーレは ザファミリーバンド!


DH000006.jpg



京大西部講堂イベントでは人気の高い常連バンドです。
丹波町で自給自足の生活、音楽も自給自足。
家族でこんなに素敵な音楽を!
お子さん3人は学校には行かず、家族の中で大きくなりました。
ママのジャンベがナイス!



DH000004.jpg




パパと娘さんたち





DH000003.jpg






DH000005.jpg






DH000002.jpg





娘さん二人のユニット「ありがとう」の素敵なオリジナル曲のあとは、みんなで「平和でありますように」の大合唱でした。


大盛り上がりのフィナーレが終わり、
外に出てみると、
出口真正面に最後に大きな虹がご出演!


いろいろ準備からぱたぱたしていたけどね、
この虹みたら、いい一日だったとしみじみ思えましたわ。

感謝

10.21

10.22
Mon
10.21 (じゅってんにいいちと読む^^)
京都八坂神社上、円山野外音楽堂に行ってきました。

DSC01740.jpg





主催者のみなさま方、大成功でしたね!

僧籍をもち、ロッカー、ジャズピアニストでもある、
彌光庵店主。(写真左)

DSC01694.jpg








「頭脳警察」のパンタ、トシ。
DSC01696.jpg

「七月のムスターファ」
200人の米兵に一人立ち向かったサダムフセインの息子14歳のクサイの最後の歌。
「ライラのバラード」
戦火を逃れて 故郷を追われた 家も街も祖国も  なにもかも奪われた  あれから半世紀を過ぎても 戦いの権利は捨てない    わたしの物語 だけどそれはみんなの物語







マーちゃんバンド



DSC01726.jpg




よかったですよ。
この子、誰かに似てると気になってたら、さっきわかった。出前一丁のCMアニメの男の子。







雨宮 処凛 あまみや かりん

DSC01702.jpg


「ネットカフェ難民の実態!プレカリアート(新自由主義経済下の不安定な雇用・労働状況における非正規雇用者および失業者)、生きさせろデモ、ニートの右翼化傾向は底止まりした。」






岡真理さん

DSC01704.jpg





『アザリアのピノッキオ 7つの断章による狂騒曲』 


「木の体のピノキオはパレスティナ難民のことでしょうか?それともこの世界の実態に関心を持たず見過ごしている日本人のことでしょうか?」









服部良一さん

DSC01730.jpg



沖縄を離れられず、出席できなかった山内徳信さんの代わりに、トクシンさんのメッセージを代読。
参院選挙後、トクシンさんの第一秘書をされています。






辻元清美

ピースボートの頃の人たちに再会できたと嬉しそう。
そうそう、辻元清美といえば、私にはピースボートです。


DSC01739.jpg



「民主党だけが大きくなってはだめなんです。
自民党と民主党が裏で話をつけ、わけのわからない政治をするようになったら、あかんのです。」








岩国基地の米兵暴行事件、ウトロからのメッセージ、無年金訴訟原告団団長玄順任さん、心の教育はいらない!市民会議 蒔田直子さん、反原発から小林圭治さん!国会議事堂前で座り込み中の反テロ特措法の蔵田計成さん、等、どの方のお話もとてもよかったです。







そしてファイナルは趙博!


DSC01750.jpg



日暮れて肌寒くなった会場を一気に熱のあるものにしてくれました。




組織動員された者は一人もいないと誇らしげな主催者達の発表で1200人参加。集会のあとは、デモ行進。

デモコースは祇園から四条河原町経由、御池市役所前。


DSC01768.jpg








DSC01769.jpg










DSC01773.jpg









最後の写真もゲバラで。

髭のない若いゲバラだそうな。


DSC01760.jpg






何年ぶりやろう、デモ。
途中までしか参加してませんけど、
おもしろかったわ。やみつきになったらどうしよう~。

コスモス コスモス

10.20
Sat
亀岡市のコスモス園。800万本のコスモス畑。


DSC01687.jpg



昨日は一日中降り続いた雨。
久々の雨で畑のニンジン達が大喜びしてるでしょう。
水分の多く必要な成育過程の植物でも、過剰な水遣りであまやかすよりも、乾いて逆境になった方が、自分で大きく根を張り強くします。
でも10日以上、晴天続きでしたから、畑はカラカラ。
ニンジンへの水遣りを、ぐっと我慢してましたから、よかった。


それで畑には行かずに、一昨日はコスモス園に行ってきました。





DSC01684.jpg








休耕田を利用したコスモス畑は観光バスも毎日来る名所になっています。800万本は見ごたえあるのですが・・・
あちこちで目に入ってくるのがこういうの。





DSC01667.jpg



トラひげにウルトラマン。


DSC01668.jpg





これはなに?



DSC01672.jpg





こんなっていいのかな?近寄ってみたら、こわかったです~


DSC01675.jpg




一般公募で作者名が書いてありましたわ。

こういうのってコスモス見に来てて・・・どう・・・?





気を取り直して、それらは見ないことにして^^
コスモス堪能してきました。
はい、コスモスのおすそ分け。







DSC01674.jpg










DSC01685.jpg












DSC01683.jpg











DSC01677.jpg

魔の鉱石と倚りかかる軍神

10.18
Thu
DSC01607.jpg





嘗て軍神としてあがめられた乃木大将の石像です。
敗戦後小学校の校庭から撤去された時、この公民館横の空き地の隅の地面に転がされて寝てあったものを、誰ともなく木に寄りかかるように立たせたのだとか。



この嘗ての軍神が風雨にさらされ、木に寄りかかる様を見て、茨城のり子「倚りかからず」の詩が、唐突に頭に浮かんできました。
軍国主義の時代を生きた彼女は、時代の波に翻弄されたという懐古などではなく、「倚りかからず」と表明したのでした。


DSC01610.jpg




年配の方から「気の毒に」という声が出ていましたが、
小学校の校庭であがめたのも、撤去して放り出したのも、そして今この現状を見て憐れを感じるのも、別々の無関係で個別な人間の想いではない。総体として国を構成する想念の繋がりとしての変遷です。



石像を壊してしまえというのではありません。
その変遷を写す鏡として、乃木大将よ、ここに静かに寄りかかっていてくだされ。




亀岡市文化資料館主催の戦争遺跡見学ツアーに参加してきました。



DSC01613.jpg


戦没者墓地。
当市で近代以降の戦争で亡くなった1,682人の戦死者を、遺体遺骨の有無に関わらず、戦没者を弔うために建立した石塔です。
市内各地区での墓所形態は違いますが、この地区は、個人墓の敷地内に建てるのではなく、墓所の良地にこの写真の視界の3倍程の広さに整然と集中して並んでいます。




「どちらも墓石の形は同じで、そこには氏名や経歴とともに官位・勲功・最後には戦死した場所が記されています。人が住んでいればどの地域にも残るこの戦没者墓地を、最も身近な戦争遺跡といえないでしょうか。」(文化資料館資料より抜粋)





日清戦争からの戦死者の墓石列は、村の墓地と共に大切に残されていて、弔ってくれる人のいる故郷に戻ってきてくれることが、ごく自然な願い、祈りであることが伝わってきます。



戦争を推進するための文化装置としての靖国が、
死んであの世とやらでのランドマークたり得るのか?それを信じられるのか?!
素に戻って、考え直してもらいたいものです。




DSC01614.jpg





墓地入り口の前に広がる田園光景。
京都市が農地を失って以降、この盆地が京野菜の主要生産地です。
この近辺の馬路町で採れる小豆は大納言小豆として今でも珍重されています。その昔、馬路大納言という人の領地だった時の小豆が評判を呼び、小豆の事を大納言という謂れはそこから。






さて、次に巡ったのは、大谷鉱山跡地。
関連建物は朽ち果てる寸前で辛うじて残っている現状でした。



DSC01617.jpg




ここから先は私有地で、普段入れない場所もありましたが、主宰する文化資料館が許可を受けた上での入山行程です。



「山人坑」 坑道入り口。
ちょっと入っただけで、富士山の氷穴のように冷たい風が頬に当たります。


DSC01623.jpg




一番長い坑道入り口。
「米英にとどめを刺すまでウンと掘れ」というポスターが貼られていたそうです。

DSC01622.jpg





防空壕あと。
都市空爆のあと余りを落としていったかのようなB29の爆撃が市内では一度あったきりの田舎町です。
そこにこれだけの規模の防空壕が作られたのは、ここが軍事施設であったことの証左でもあります。

DSC01625.jpg





この大谷鉱山は、戦前より、国内屈指、最大のタングステン鉱山でした。海軍指定鉱山として、戦中、岸信介商業大臣が視察し、周辺集落を移動させ一大生産拠点計画を口にしたり、戦艦ヤマトの大砲はここのタングステンで作られています。


タングステンという希少鉱石は、炭素と化合すると、金属としては最も重く、ダイヤに次硬く、3380度が溶解温度という溶けにくい合金となります。
主に弾丸、砲塔などに使われ、戦争時に値が上がるので「魔の鉱石」と呼ばれ軍需産業の必需品として扱われています。



戦争が激化するにつれ、労働力に周辺住民(主に被差別部落民)を半強制的に従事させ、戦争末期には朝鮮半島の人々の強制連行による、採掘が行われてきました。



しかし、その詳細を知る資料は敗戦、閉山時に廃棄処分され、資料として残されたものはなく、地域の医師の回顧録、小学校の戦後のスライドフィルム等が手がかりで、そして、今も美山町に生存されている、敗戦1年前に朝鮮半島から強制連行され、この鉱山を敗戦前に逃走した方の証言から、辛うじて当時の状況を知る事が出来るというのが今の現状です。



最近は戦争遺跡も歴史史跡として認定されるようになってきており、この大谷鉱山跡地も史跡指定し保存していかねばならないだろうと、参加者達の話になりました。



この鉱山は戦時中だけでなく、朝鮮戦争の戦争特需による活況も呈し、近代設備の導入、そしてタングステン選別過程で周辺農地をカドニューム汚染させ閉山という、日本の戦後史も有しています。




「皇記2600年」記念に作られた、大谷鉱山全容写真が中学校倉庫より発見され、写真の信憑性を疑った有志が現地視察をして、確認されたのが、この鉱山の歴史事実が明らかになったきっかけでした。
その有志の方々が美山町の生存者金さんにも会いに行かれ、鉱山麓に小さなログハウスを大谷鉱山資料館として作られています。
その有志の方に今回初めてお会いしてやっとご挨拶できたことも大変ありがたいことでした。


今このイベントを企画中です。↓

10月27日をむすびフェスタ


↑このイベント企画の一つの「大谷鉱山資料パネル展示」を、大谷鉱山資料館からお借りする事が出来ました。感謝。




残し語り継ぐことがなければ、
一切何もわからないままになってしまうのは、時間の問題です。


これから、何か出来ることはないかと考えています。

ぱたぱた パタパタ

10.06
Sat
DSC01585.jpg




色んな事が重なって、今、ぱたぱたパタパタしています。
そんな合間をぬって、畑まで行くと、いい景色~ほぇ~って手を休め、来てよかった~、ここに畑借りてよかったわ~って。


風と光を浴びたコスモスだって、はじめて発見したみたいに嬉しくなって見とれてしまいます。



DSC01581.jpg




忙しい時ほどそうなのね。の~んびりしてる方が見過ごしてしまう。

ちょっと前傾姿勢くらいで頑張ってる方が、感度がよいかんじします。
「物を頼む時はは忙しい奴に頼め」と云う諺があると、アメリカ人に云われた事がありますが、そんな奴の方が信用できるってことだそうな。わかる気がする。ぼ~っと暇にするのも程ほどに。誰にゆうてるのやら。 でも頑張りすぎて前のめりになりすぎるのはだめ、つんのめっちゃうからね。




お天気のよい日は今あちこちで稲刈り真っ最中。
隣の田も黄金色に色づいてたわわです。
と、久々に畑に来て隣の田に目をやると、ありゃ、ま!


DSC01569.jpg


うちの畑から、スウイング、スウイングで稲の波を渡っています。
しっかり、実までつけて。


DSC01570.jpg



今頃全盛期の勢いなのはこいつなのです。
これ直径30センチはある、植えた覚えない大きなかぼちゃ。
栗かぼちゃがおわったあと、勝手に出てきて、今、畑で大はしゃぎ。ハロウインかぼちゃみたいにでっかい。おいしいのかなぁ?



DSC01596.jpg





もぐらにすっかり根っこを食べられた牛蒡でしたが、
お正月の牛蒡を是非作りたいとこの作戦。
ビニール袋の中に撒き直し、スクスク大きくなってきました。短くてもいいと謙虚に思いついたのですが、袋の底をあけてみたら、もっと長く成長するかな?と、ちっと欲が出てきて、思案中です。
もぐらは袋の中まで上がってきて食べちゃうでしょうか?どう思います?


DSC01588.jpg





ニンジン娘たち。ぺチャぺチャおしゃべりしてるみたいに賑やかです。



DSC01589.jpg








DSC01593.jpg



ピーマンの向こうのかぼちゃの葉っぱの上に小さなカエル。
日向ぼっこみたいに、気持ちよさそうにじっとしてるので、ポケットからカメラを取りだし、パチリ。そうしたらピョン!とこっちを向くので、びっくり。カエル語で挨拶しました。^^



DSC01594.jpg






DSC01600.jpg



もう、ちょっと待っていたら、きれいな夕焼けになりそうでしたが、時間がないので、帰りました。日が沈む位置がだんだん南下しています。冬至まで、南の空が狭くなります。

FC2Ad

FC2 / hty

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。