CALENDAR

« 2008.08 »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

金魚clock

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

夢ーみん庭日録
せっせとお庭をつくります。 さてさて  今日はどんな一日になるのでしょう

スポンサーサイト

--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無農薬で草取りもせずに元気

08.26
Tue
P1020286.jpg5月に植えた夏野菜

P1020752.jpg今はこんなに。



田を造成した後の30年間、栗や柿の落葉樹の葉と実が堆積した土地です。石ころがごろごろしているし、下層部は粘土質なので、条件の悪さを承知で畑にしたのですが、驚くほどよく育ちました。
牛糞堆肥を入れて畝立てしたあと、石ころをどけながら植え付けし途中一度ぼかし肥料を少量入れただけです。
こんなに育ってくれるとは。

P1020759.jpg一番感心したのはすいか

大きさは直径30センチ以上2つを入れて7個も甘いスイカが出来ました。


P1020760.jpgでも2つは鳥さん御用達。


木陰になるのが苗たちに可哀想そうだなぁって思っていたら、何のことはない、この通り。

P1020749.jpg栗の枝を支柱にしたきゅうり。


P1020751.jpg柿の枝を支柱にしたトマト。


苗の茎の細さのわりに実が大きいのが自然農法の特徴だということですが、

P1020747.jpgこのパプリカの重たそうな実。


P1020753.jpg
今年は柿の生り年で柿の木も日に日に実が大きくなるにつれ、枝が垂れ下がってきています。
たっぷりの柿で柿酢を作ろう。
柿のお好きな方、お送りしましょうか?


不耕起農法で行こうと決めましたから夏野菜はこのままにして立ち枯れて行く苗の間に、次々苗や種を蒔いていきます。何にしようかな?
西村さんによればトマトの後はイチゴが相性がよいらしい。


残った畝の一つはにんじんの種蒔きをしました。
石ころをどけるのに掘っていますので、草のない畝です。
リセットして一からスタートするみたいに。
これから草が生えても抜かず土も掘り返さずで作ってみる畑がスタートです。


夏野菜のところも深刻に草が生えなかったのは炎天続きだったからか?藁が功を奏したのか?一度も草の勢いに苗が負けそうになった時の草の穂先を切るという事もせずにすみました。


今のところ、贅沢な悩みとして、
すでに持っている手作りのくん炭と牛糞堆肥とかき殻カルシュームと肥料をどうしようかって事。もったいないので畝の底に入れてしまいましょうか。
西村さんにお聞きしたら、土の分量に比べたらちょっとにすぎないって云って下さったんですが、ちょっとなやんでる~


土の力を生かした不耕起農法で、窒素過多になっていない自然な野菜が作りたいのです。
来年の畑はよりそれが具現化できるかな。
いろいろ試してみましょう。

シームレスに北京は秋へと

08.25
Mon
P1020739.jpg


8月22日の空。
日中気温は30度を越えるも、やっと朝晩涼しくなり、
空も入道雲とすじ雲が同居している。
次の日からは最高気温が30度をこえることなく、
今日、一日降ったりやんだりの雨は、もう秋雨の様相。

明日の予報では、また30度を越す暑さだとのことだけれど、
摂氏35度の気温に長く耐えた事を思えば、大丈夫。
一日、夏の名残を味わうように過ごせることだろう。

こんな風にいつも季節は突然ではなくシームレスに移っていく。


張芸謀監督は好きな映画監督なので、彼が演出するという北京オリンピックの開会式と閉会式をつい見てしまい、結局きっちり最後まで全部見てしまう。今までのオリンピックは日本時間と違いすぎて全部は見たことないので今回が初めて。

贅沢なスペクタクルショーとしてなら、それはそれは目を見張る大規模ショーだけれど、
しかし長い。長すぎる。

なかったことをあったことにした、
口パクや衣装だけの少数民族、聖火リレーの世界の賞賛と協力、CGだった花火。


あの口パクの少女の歌った「革命歌曲」は2番の歌詞であったそうな。
一番をパスした理由は、毛沢東の名前が出てくるから。


もう中国は文化大革命を、なかったことにしてしまったのね。


そんなことやらの感想を持ったからだろう。
閉会式を見た後から久々に老舎のことが頭に浮かび、「駱駝祥子」を初めて読んだ時のことなど思い返したりしていた。先ほどネットで老舎を探してみたら、なんと今日、8月25日が命日。


彼が北京オリンピックを見ていたらどう思うんだろ。
もっともっと生きて書いてほしかった。




北京オリンピックのセレモニーを構成した人民解放軍は、まるで彼を死に至らしめた紅衛兵たちが、シームレスに変身したあとみたいだ。



老舎の著作を読み始めたのは10代の頃。
その頃の読書量は乱読気味に多く、日本文学から世界文学の主立った物殆どを読了し、文学史的に或いは個的な特徴など、脳内の整理箱にさっさと投入する為みたいに、とにかく好き嫌いの前に読んでいた。
そんな一冊としてたまたま手に取った「駱駝祥子」。
乱読の作品群とは別格の感動をし、こんな大文豪が中国にいるのかと驚き、魯迅ではなく彼が中国を代表する文学者に位置づけられるに違いないと例の整理箱の特等席に彼の名を置いた。
そしてすぐのタイミング位で次に読んだのが、開高健のエッセイ。なにせ乱読だったからね。
なんとそこに老舎の名が。
開高健は勿論絶賛しているのだが、それは紅衛兵に追い詰められての自殺の事実を深く悔やみ批判する内容だった。
私はそんな事実を知らずに先に読んでいたものだから、絶句するくらい驚いたことを覚えてる。


それ以降、「造反有理」だとか、「自己否定」だとか、どんなにかっこいい四文字熟語を聞いたって、
どんなに毛沢東の詩が美しい言葉であったって、絶対、文化大革命はいやだった。嫌いだった。信用できなかった。


今回のオリンピックで、老舎を殺した文化大革命はなかったことにしたようだけど、それですむはずはないのではないか。

少数民族を独立させなければ将来が難しいのではないか。


老舎の命日を祈念し、以上書いてみた。^^


ネットで見つけたここの老舎の紹介は秀逸。
松岡正剛 千夜千冊
老舎 『駱駝祥子』

you tyubeから聞こえるアメリカの声

08.02
Sat
このサイト!素晴らしいです。↓

http://100voices.wordpress.com/100voices.

紹介が後になってしまいましたが、
さきのオバマ氏の記事で転載させて貰ったサイトです。


you tyubeにアップされている映像を翻訳して紹介されています。

ジョンレノンのいるホテルの部屋にテープレコーダーを持って、突撃インタビューした少年の話や、ニールヤングの最近の動向は、詳しく的確な翻訳によって、ニールヤングファンならずとも、必ずやうならせます。^^
素晴らしい!


是非ご覧になって下さいな。
組閣報道より、精神によい!。

生命・環境系の社会問題を扱うドキュメンタリー番組の放映予定紹介サイト

08.02
Sat
http://homepage2.nifty.com/yukidon/生命環境系の週間テレビガイド


上記サイトを運営する山中由紀さんのことは、劇団態変の機関誌イマージュ、小豆島豊島産廃施設関連の記事で知りました。生き生きとした文章で当時の運動の勝利への道程が綴られて、それを水俣で産廃施設建設反対に取り組む友人に纏めて送ったりしたものです。
何か、参考になればなんて。
こともあろうに、水俣に。

水俣はやはり原点なんですね。
由紀さんとメールのやりとりしていて、由紀さんは水俣のことをよっくご存じで、水俣病関西訴訟団のまとめのご本もあるお方でした。
水俣に対しても由紀さんに対しても、遅まきながら赤面でした。


その山中由紀さんのこのサイトは便利です。
昨日のNHK西宮冷蔵の番組もおかげで見れましたよ。
雪印の牛肉偽装を内部告発し、それがために会社が倒産していたとは知りませんでした。
あの内部告発が始まりで、次々と偽装が明るみに出てきたことを考えれば、如何に勇気のある、重要な内部告発であったか。
会社が倒産後、雪印の社員から励まされ、座り込みしながら元社員たちと再建するまでの経緯も知らなかったです。いい番組でした。


私はあまりテレビは見ないのですが、テレビをいつもご覧になっている方は、由紀さんのメルマガでチェックなさると、完璧にカバーできます。詳しい内容で、録画も依頼できるそうな。
メルマガ購読料が必要です。
必要とされる方にとって、無駄なお金の使い道ではないと思います。


それにこういう方がネットでこういう事をされているのが、いいですね。




A Conversation With Barack Obama

08.01
Fri
http://www.rollingstone.com/news/coverstory/21472234ローリングストーンズ紙・オバマインタビュー

http://100voices.wordpress.com/2008/07/08/obamas-ipod-maggies-farm/100voicesからの転載。


オバマ氏のipodの中身が嬉しい中身です。
このローリングストーンズ紙のオバマへのインタビューは政治的な事も語られたもっと長い、いいインタビュー記事だそうです。
http://100voices.wordpress.com/2008/07/08/obamas-ipod-maggies-farm/100VOICESから、転載。


-----------------------------------------------------------

(音楽に関する部分の抜粋)

Q: ボブ・ディランがあなたへの支持表明をしましたが、それはあなたにとって何を意味しますか?
A: ディランとブルース・スプリングスティーンから暖かい言葉を受けるのは特別素晴らしいことだ。彼らは(時代を象徴する)アイコンだから。

Q: ディランの曲でお気に入りは?
A: iPodに30曲くらい入っている。「Blood on the Tracks」はアルバム全部。政治家になってから一番聞いているのは「Maggie’s Farm」。まるで私にとっての政治の本質を巧みに語りかけてくるように聞こえるんだ。

Q: 本誌の表紙撮影の時、グレイトフル・デッドがかかっていましたが、あなたはすぐにわかりましたね。
A: 彼らは予備選挙の時、私のために再結成して支援コンサートをしてくれた。私は彼らの音楽も好きだが、人としての彼らも好きだよ。

Q: デッドヘッドがホワイトハウスに君臨するということですか?
A: 私にデッドヘッドの資格があるかなぁ?タイダイは着ないし、彼らのツァーにもついて行かなかった。でも彼らの曲は好きだよ。

Q: あたなの選挙キャンペーンでスプリングスティーンの「The Rising」がよく使われましたが、誰の選曲ですか?
A: キャンペーンではいろいろなことがあったし、やり方も何度も変わった。アレサの曲も使ったし、スティービーは常に底辺にあった。「Rising」はキャンペーンの精神をよく表している曲だと思う。

Q: スプリングスティーンは雄弁にあなたへの支持を表明しましたが、彼と彼の音楽についてどう思いますか?
A: ブルースの音楽が好きなだけでなく、彼の人間性も好きだ。彼は自分のルーツを決して失わずに活動して来た。自分が誰なのか知っている。決して装ったりしない。真実の人だ。そしてそれが人間性に現れている。実は実際に会ったことはないのだけれどね。

Q: スプリングスティーンは、あなたから電話があったと言っていました。
A: そうなんだ、電話で話した。彼は期待通りの人だったよ。情熱的でそして謙虚だった。

Q: でも「ボス」と呼ぶのですか?
A: 「ボス」と呼ぶのは変えられないよ。

Q: 何を聞いて育ちましたか?
A: エクレクティック(折衷)な趣味なんだ。70年代に育ったから、70年代のR&Bやポップスははずせない。スティービー・ワンダー、EW&F、エルトン・ジョン、ローリング・ストーンズ。

Q: その頃、音楽のヒーローはいましたか?
A: いたとしたら、それはスティービー・ワンダー。音楽を真剣に聞き始めた頃、スティービーがあの連作を出した。「Music of My Mind」「Talking Book」「Fulfillingness’ First Finale」「Innervisions」そして「Songs in the Key of Life」あの5作はそれまで聞いたこともないような素晴らしい作品だ。だからスティービーは最高。ストーンズも好きだった。

Q: ストーンズの好きな曲は?
A: 「Gimme Shelter」は名曲だ。

Q: 今は何を聞いていますか?iPodに入っている曲は?
A: 高校二三年の頃、ジャズを聞き始めたから、コルトレーン、マイルス、チャーリー・パーカーがたくさん入っている。今まで話したアーティストたちの曲は全部入っている。他にもハウリング・ウルフからヨーヨー・マ、シェリル・クロウ、Jay-Zまで。

Q: ラップについてどう思いますか?ラップが幸せな家族形成を破壊するという攻撃を、不当に受けていると思いますか?
A: ロックンロールとは反逆の音楽だ。だからそれが社会から批判されないとしたら、その目的を果たしていないということだ。ラップの歌詞で頻繁に表現される女性蔑視や物質主義には困惑することがある。だが、あの巧みな音楽形体は文化を変えたと思うよ。お陰で音楽での差別がなくなってきた。70年代や80年代には音楽は差別されていた。MTVは初めて放送された時のことを覚えているかい?「Thriller」が大ヒットするまでマイケルですらMTVでは流れなかった。私はJay-Zやルダクリスやラッセル・シモンズを知っている。彼らには素晴らしい音楽の才能がある。そしてビジネスの才能もあるのに、それはあまり公に強調されていない。彼らに悪いイメージがあるのではないかと私が心配せずに、娘たちに彼らの音楽を聞かせられる様になったら素晴らしいと思うよ。

- - - - - - - - - -

http://100voices.wordpress.com/2008/07/08/obamas-ipod-maggies-farm/

Yes We Can | Tribute to Obama, Maria Muldaur

08.01
Fri
Yes We Can | Tribute to Obama, Maria Muldaur





http://free-press-release.com/news/2008071216022347.html100




http://100voices.wordpress.com/100voices.wordpress.com

saoriさんブログから転載。saoriさん、翻訳ありがとう!




-----------------------------------------------------

2008年7月14日、カリフォルニア州サウサリート
..普及の名作「Midnight at The Oasis」で知られる歌手マリア•マルダーが、ボニー•レイットなど往年の歌手たちとともに「Women's Voices For Peace Choir/平和の女性合唱団」を結成。合衆国大統領候補バラック•オバマの歴史的な選挙戦への応援歌を制作した。応援歌「Yes We Can」の経緯をマリアが語る...

2007年の秋でした。世界が置かれている状況、そして社会や政治や経済や環境の問題が、とても深く私にのしかかってきていました。「プロテスト」アルバムを作ろうと思ったんです。でもそれはすぐに「平和」のアルバムに変わりました。

「希望」と「変化/改革」の前向きなメッセージをたくさん込めたかった。そんな前向きな精神を表現する曲を集め始めました。70年代の社会的な背景から生まれたソウルやファンクの中に、たくさんの名曲がありました。その代表は、アルバムタイトルの「Yes We Can」。アレン•トゥーサンが書き、ポインター•シスターズが大ヒットさせた曲です。

それから友達たちに連絡しました。長い間、平和と社会平等のために声を上げ続けてきた女性ばかりです。ジョーン•バエズ、オデッタ、フィービー• スノウ、ホリー•ニア、ジェーン•フォンダ、そして私のソウルシスター、ボニー•レイット。私たちは集まって「Women's Voices For Peace Choir/平和の女性合唱団」になりました。

アルバムが完成した2008年4月、大統領候補バラック•オバマが、数々の感動的な演説とともに、「Yes We Can」をキャンペーンのスローガンにしていることに気づきました。「曲を提供してみたら?」という知り合いの勧めで、私はオバマ選挙活動の役に少しでも立つようにこの曲を提供したいことを、オバマ選挙事務所に伝えました。

オバマがこの曲を聞いて「キャンペーン精神にぴったりだ」と感じ、選挙活動に使われる曲の一曲として使うようにチームに指示したことを知って、とても嬉しいです。音楽家として、私の音楽がこんなに素晴らしい栄誉ある目的のために使われることに、心から喜びを感じます。

- - - - - - - -
Maria Muldaur: Yes We Can!
http://www.amazon.com/dp/B001ANE3CW
http://www.amazon.co.jp/dp/B001ANE3CW

- - - - - - - -
http://100voices.wordpress.com/2008/07/30/maria-muldaur-bonnie-raitt-yes-we-can/


おいおい、こんな事になってるぜ。

08.01
Fri
先月の洞爺湖サミットでの出来事。


GB反対デモへの不当逮捕の様子です。
ひどい~どこの国や~いつの時代や~
後藤田正治だって、こんな稚拙な逮捕をしなかったやろう。

ロイター通信での映像。

http://jp.reuters.com/news/video?videoId=85900&videoChannel=2604


香港の記者が記事に。
http://tv.g8medianetwork.org/?q=ja/node/280不当逮捕を訴える通信社カメラマン


逮捕されたご本人のブログ
http://illcomm.exblog.jp/イルコモンズのふた

↑元気!

水飛沫・土飛沫・緑飛沫

08.01
Fri
初夏の頃からの季節行事みたいなものですが、エプロンをビニールエプロンに替えます。
台所での水仕事、特に食器洗いの時に、水しぶきがかかって布エプロンだと湿ったままになり、それがTシャツ一枚だと気持ちが悪い。エプロンもしないまま洗い物をするといつまでもTシャツが濡れている状態になってしまう。
ちょうど中医学で云うと三庶(本当はもっと難しい字)の中の中庶の部分、鳩尾からおへその上の部分が、Tシャツ一枚だともろに皮膚に触れ、ひやっこくなってしまうのが、気持ち悪い。
だから初夏衣替えの季節には、ビニールエプロンを着用するのが季節行事みたいなものなんですが、これって私だけなのかな?
その季節行事の必需品、ビニールエプロンが長年使用のため、薄くなってきたので、去年から捜していたのだけど、お店にはちっとも見あたらない。今年はいよいよポケットの縫い目がほつれてきて使えなくなってしまい、本格的にお店を回ったけれど、ない。もうミシンで作ろうと生地屋さんにも行ったけれどない。
そこで思い浮かんだのが、お店の厨房で使うエプロン。
あれは一年中あるはずだと、作業着屋さんに行ったらやっとありました。
これ。男性着用の方。


as1382-01.jpg



はじめは水しぶきからも守られて、イタリアンシェフみたいだと機嫌良くしていたんですけどね。
しっかりした生地で大きくって重くってそれに何より暑い!
私はホビットだから、厚手のビニールで上半身くるんだみたい。
一人だと、殆どクーラーを入れない生活も危うくなりそう。



そこでやっと、あっ!そうだ!ネットで捜そう!と思いつく。
あったあった。
素人用の薄手のビニールエプロン。


img10241916848.jpg

よかった~
あの大きなビニールエプロンに比べたら、ほんと、楽。


しかし、私、洗い物で水しぶきをあげすぎなのかな?
作業が荒い?細かく洗ってるつもりなんだけど、それが悪い?




それと夢ーみん庭の畑仕事。古くなったスニーカーを普段専用に使ってるのだけど、いつも、いつのまにか靴の中に、栗のいがいがのかけらが入って、それがちくちくと痛い。
栗のいがいがって中々土に戻らないのよ。今年はあちこちばらばらにしないで、栗を採った後まとめて置いておくようにしよう。絶対。
それはさておき、
特に土を掘り返したりしてるわけじゃない。ただ土の上を歩いたりしゃがんだりしてるだけなのに、まるで土のしぶきをあげてるみたいに、靴の中にいがいがのかけらが入ってくる。
中断して片足ずつ靴を脱いでぱっぱと払わなきゃいけない位なんだよ。

とにかくそういうわけで、
靴下を通り越してチクチクする、いがいがのかけら対策に、いつも長靴を履くことにしました。

でもなんだか、この炎天下で暑い!
そしたらよつばさん関西よつば連絡会カタログにありました~
その名も「畑楽(はたらく)君」スニーカーの上の部分が長く、マジックテープで止めるようになっています。うれしいわ。今日来たばっかり。
私だけが土しぶきを上げ過ぎなんかな?歩いてるつもりがスキップなのかな?なんて訝しがってたけど、やっぱりこれ、そういう需要があるんだ。ちょっと、ほっ。^^



それから今やっとぼちぼち収穫出来るようになった野菜たち。実をはさみでパチンしたり手でもぎ取ったりしてるだけなのに、終わってみると、作業着用にしていた白のブラウスにいつも一杯草汁が飛び散ったあとが。
これは洗濯でも落ちないんだ。
背中とか思わぬところについていて、もうほかの用途では使えないブラウスになってしまった。

しかし、何でこんなに草しぶきが飛ぶんだろう?
夏野菜の苗たちの元気がいいってことかな?
今までこんな事なかったけど。木の枝からの緑粒子が散らばってるのかな?



それに蚊がものすごく多くって、薄手のシャツなら平気で上から刺す程の強烈さ。
蚊は普段、草植物を食べてるんだけど、
雌だけが卵を産むために動物の血を吸うのだそうな。
私はあそこでは、数少ない動物性アミノ酸保有者だから、登場するといつも大歓迎を受ける。

だからその草しぶきを浴びた厚手の綿のブラウスが必需でもあって、
でもそれがこの炎天下、暑い!


それでそうだ!と対策として、携帯用の蚊取り線香入れを買う。
これをぶら下げながら畑に行こう。
蚊取り線香がそばにあったら、サッカー生地の薄手の長袖でも大丈夫だ。
ほっとする。

水飛沫と土飛沫と緑飛沫が暑さの理由。
対策もたてたけど、でもやっぱり暑いね。


今週初めの雷雨で一時気温が下がったけど、
また戻ってきたよ。今朝10時で室温30度。
予報では明日から本格的な猛暑日が続くとか。

FC2Ad

FC2 / hty

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。