CALENDAR

« 2009.08 »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

金魚clock

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

夢ーみん庭日録
せっせとお庭をつくります。 さてさて  今日はどんな一日になるのでしょう

スポンサーサイト

--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月2日の虹

08.07
Fri
P1030245.jpg8月2日の虹

こんなまっすぐの虹もあるんですね。

朝、仙台からの電話に出たあと、空を見上げて虹が出ていてびっくり。
と、いうのは仙台のその人が「最近外の景色もゆっくり眺める余裕がなかったので、あらためて景色を眺めると綺麗に輝いていてね」なんて話で電話が終わったばかしで、私もつい空を見たら、この虹が目に飛び込んできたものだから。

なんだかその人から感動のお裾分けして貰ったみたいだったよ。

その日のそれから、
午後、買い物に行くと魚屋さんのおじさんから「何がそんなに嬉しいの?」って云われる。
「え、そうかな?別に・・・」なんて返事して、帰宅。
家に入ろうとすると、上から、「おかえりなさ~い」の大きな声がする。
うちの家の前の道はなだらかな傾斜になっていて、道を上がったてっぺんの家の人がまっすぐに伸ばした腕で大きく手を振っておかえりなさ~いと云っていて、その人とはたまに会うくらい、以前軽く子育ての相談されたかな程度のお付き合い。他の人?と思わず振り返ったけど私しかいない。
私に云ってくれてるんだ、えらく派手なお帰りなさいだなぁ、こんなただいまは初めてだと思いながら私も手を振ってただいまぁ~って答える。

それだけのやりとりで、あっさり家に入り、
あの人もきっと何か嬉しいことがあったのかもなんて、
そんなこと思ったりしていたら、
今日聞いたのだけど、あの人のおうちはあの日引っ越しだったのだそうな。

親御さんの介護の為に、子どもの夏休み中にと急な引っ越しが決まったのだとか。

事情を聞いていたらもっと違うお別れの挨拶もあったのではとも思うけれど、
でも、さよならの代わりに、
あんな風なお別れの挨拶もよかったかも知れない。

びっくりしたけど、派手に声かけてくれてありがとうね~

元気でいてね!

15年周期の空

08.07
Fri
P1030251.jpg8月3日の入道雲

長い梅雨でした。
3日の青空は久々の青空。入道雲があんまり立派だったので、記念写真を撮りたい気分に。

お天気がこのまま夏へと移行してくれたら、農作物への被害はここらあたりはそうなさそうで、ほっとしています。東北以北は大変そうですね。早く回復しますよう。

この長い梅雨空に1993年の夏を思い出しました。
あの年も延々続く長雨、冷夏で、秋には外米を食べたんでしたっけ。
そして、次の年の1994年は、打って変わって猛暑、水不足の夏でした。
その年、初めて一年だけ田んぼを借りてお米を作ったのでした。
代掻きの意味も何も判らず、ただやってみようの動機のみ。
お師匠さんがよかったんですね。
一反あたりの収穫量日本一の方と、
地域でも有数の篤農家で宮内庁行事新嘗祭にお米を献上した方。
二人に教えて貰いながらおいしいお米をつくりました。

P1030258.jpg


一番記憶に残っているのは、水不足だったので、田に水が入る水口をいつも気にして眺めていたこと。田に行く前、北朝鮮の金日成が亡くなったと報じていて、田に着いてから、水口の水の流れを眺めながら、何となく「そうか、金日成がなくなったのか」と思っていたこと。

P1030257.jpg


その年は5月末からグングン気温が上がり、36度、37度と体温と変らない気温になった最初の年だったと思う。まだ、猛暑って用語もなかったし、ゲリラ雨という言葉もなかった頃。

15年周期で来年は猛暑かな?将軍は・・・

さて、今年はいつ干すの?とタイミングを失っていた梅干しの土用干しがやっと出来ました。

P1030259.jpg

3日目の昼過ぎから小雨になりましたが、何とか行程終了です。

大銀杏の木

08.07
Fri
P1030238.jpg国分寺


ここは国分寺。無人の小さな寺跡ですが、
奈良時代に創建されて、周囲は平城京と同じ条里制の遺跡があり、
当地域は隣接の京都市より長い歴史を持つと云われる由縁の場所です。

最近足を運ぶことが多くなってきました。

小さな境内にある大きな銀杏の木。

P1030239.jpg国分寺の銀杏


この木の珍しいのは、この枝振りです。
P1030241.jpg

この盤根中をさわるとお乳の出がよくなると、団塊の世代が赤ちゃんの時代の母親の世代まで、授乳中の母親が本当にさわりに来ていたそうです。


P1030242.jpg

この境内に続く小道の紅葉が素晴らしく綺麗なんだと教えて貰いました。
あるミッション^^で通うことになる予定ですから、秋にその紅葉を写真に撮ってみましょう。
どんな紅葉小径になるのかな。




マリリンに会いたい

08.07
Fri
P1030231.jpg晴晴れ桜公園

この公園は、ふうたがマリリンという名のシーズーの♀のわんこに会える公園。
会った瞬間から二人、いえ、二匹は大はしゃぎで走り回り、鼻をくっつけ合ってチュしたりします。

あぁ、でも残念。今日はマリリンがいません。
小走りになることもなく、その辺をふらふら。
がっかりがまるわかり~わかりやすい奴です。

その先のベンチに座ってるおじいちゃんはいつも定位置にいるおじいちゃん。
もうこの春頃から、この公園で必ず会うおじいちゃん。
自転車でやってきてあのベンチに座り、長いこと芝生を見ています。
いつ頃からか、会うと挨拶するようになり、はじめはこんにちはと声をかけると、
「うん」とうなづくだけのおじいちゃんでしたが、
最近は「こんにちは」っておじいちゃんの方から声をかけてくれます。

そしてふうたを見て、にこっとします。
ず~っとふうたのあとを目で追いかけていたりします。

こちらは暫くこの公園に行かなかったりすると、
あのおじいちゃんがふうたを待ってるかも知れないと気になったりします。

ふうたはあのおじいちゃんの「まりりん」かも。 な~んて。^^





FC2Ad

FC2 / hty

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。