FC2ブログ

CALENDAR

« 2019.01 »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

金魚clock

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

夢ーみん庭日録
せっせとお庭をつくります。 さてさて  今日はどんな一日になるのでしょう

スポンサーサイト

--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トポロジカル・時計台

07.05
Sat
P1020618.jpg




京大時計台内ホールへ中沢新一講演を聞きに行ってきました。
主催は「仮想地球」研究会。
次回は、7月26日「イネ科雑穀の起源と伝播ならびにその食文化」
だそうです。一応お知らせ。



時計台周辺に多くたむろする学生達が、なんともはや・・・まるで高校生みたい・・いつ来てもこの風景に隔世の感を覚えます。^^




以前からお誘いもあったのですが、今回始めて参加。
今回は波照間行きでお世話になった、アウエハント静子さんが沖縄から出席されるとのこと。是非お会いしたかったので、時間を作りました。
締め切りのある頼まれ事やら、夢ーみん庭の段取りやら、新しいPCへの移行やら、とても忙しい毎日が続いています。まとまった時間が中々とれず、鶴見俊輔氏、永六輔と趙博のステージにも行けずの6月でした。


中沢新一氏の著作は大昔に「チベットのモーツアルト」を読んだのみ。印象としてはレビ・ストロースへの傾倒、フランスの思想家の紹介、浅田彰とセットのブーム、・・・その程度でしたので、なかなか初対面の新鮮な楽しさがありました。
色々と思うところもあるのですが、批判といっても悪口ではなくそれを的確に述べるについては、簡潔にまとめられず、今一番に避けたいところの時間をとられることになりそうなので、ポジな単純な感想のみ。


彼独自の言説、「対称性人類学」がテーマでした。
無意識を包括する深層構造を解明する解析の仕方です。それを対象性心理学。キーワードは神話。
生物学系学問、微積分学、技術、因果律、時間律等で市場を動かすメカニズムだけで心が動いているというのは錯覚だ。心は高次元性を持ち、市場原理はゲーム感覚。
レビ・ストロース、フロイト、ラカン、南方熊楠、次々とフィールドを変えて展開し、人間の心のメカニズムを解析しようとします。



印象的だったのは彼のパフォーマンスのよさですね。
あんな感じのいい人とは思わなかったです。
話方が巧みでよどみない。
3時間余り話し続け飽きさせませんでした。
これが今の若い人たち、ニートや引きこもり、鬱で困難な状況にいる若い人たちの力になれるパフォーマンスなら、評価倍増です。どうなんでしょう?




レビ・ストロースの弟子のアウエハント氏が日本滞在時、その時まだ学生だった中沢新一さんとのお付き合いもあって、静子さんも再会を喜んでおられました。
お二人のツーショット。
中沢新一氏に無断でアップはいいのかな?と思いつつ。↓





P1020622.jpg
スポンサーサイト

comment

ご無沙汰しています。
その後いかがお過ごしかなあと思ってました。
中沢新一氏は、最後の最後で納得できないところもあるのですが、
それを私も上手く説明できないんですよ…。
でも確かに非常に魅力的でお話の上手な方ですよね。
若い人たちの力になれる人なのではないかと期待しています。
すぐ近くに来られてたのですね。
tamakaduraさん、
ついついとご無沙汰してしまいました。不義理です、すみません。

今なりたい職業の上位に心理カウンセラーがあるそうです。私の頃にはなかった項目だわ。
別の価値観を求める知的行為を引き出す役割は、確かに果たしてますよね。
会場を見渡しても、若い、いかにもファンて子が多かったです。




フナハシさん、
東は銀閣寺、西はほんやら洞、南は丸太町、北は一乗寺
そのあたりのエリアは、私にとって、京都で一番いいエリアです。^^

終ったあと、時計台前のカフェテラスで懇親会がありました。
30代の方とのお話がとってもおもしろかったです。
今東京では学生運動が盛んになってきてるそうです。
でも私たちの知ってる学生運動の質ではないんですよ。
マルクス、階級闘争抜きの運動。
ま、そりゃそうですね。(笑)
ステキな時をすごされて
よかったですね

学生たちと時間を過ごすと、昔に戻った気もする中で、ギャップを感じます。

最近の子たちの、やわらかさの中で、昔の、肩肘張ったような、議論を吹っ掛ける子がいないのはさびしいな。
どらこちゃん、
そうそうその話を若い子たちとしたんですよ。
彼らが言うには、60年代から70年代にかけてのあの社会運動でやればなんとかなるとやってきたけれど、何ともならないものは何ともならないことが分かっている世代なので、過去のような肩肘張って突っ張る気にならないんだそうです。
何が何ともならなかったのか?と聞くと、病、争、貧だそうな。

post comment

 
 

管理者にのみ許可
 

trackback

http://yumeichimin.blog72.fc2.com/tb.php/294-dc78999a

FC2Ad

FC2 / hty

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。