FC2ブログ

CALENDAR

« 2019.04 »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

金魚clock

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

夢ーみん庭日録
せっせとお庭をつくります。 さてさて  今日はどんな一日になるのでしょう

スポンサーサイト

--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんな気がしたと云ってみる

09.04
Thu
P1020745.jpg


左が栗、真ん中がゆず、右がバナナの木。
バナナは鳥たちが運んできたのか、自生。栗は植えてある大きな栗の木から、落ちた実が根付いたようで、二つともまだ若いので年々ぐんぐん伸びて大きくなっています。


去年、ゆずの実を採るのに、長い手が伸びる高鋏でてっぺんの枝を摘めてしまおうと、ぐいと挟んで力を入れてみました。
でもちっとも切れません。おかしいなぁと挟んだその枝をねじってみました。
そうすると、
「だって陽が当たらなかったんですもの」
って、きこえた・・・
ま、ような気がするって云うのがいいんだけど、でもその時はきこえた。
えっ!!!ってびっくりして手をゆるめたら、
いっぺんにその枝がさっと離れて元に戻り、
するとザワザワ~って音が私の背後から聞こえてきて、
なんだ?って後ろを振り向くと、
風もない中、他の木はそのままなのに、後ろの一番大きな栗の木がザワザワ~ザワザワ~と一斉に葉を落としだし、ほんとに見事に茶黄色い葉のドレスをまとって踊ってるみたいにきれいで、
それで、その栗の木の下へ行き見上げ、今度は振り返ってゆずの木を眺めてみたら、本当にてっぺんのゆずの枝は隣の栗の枝に覆い被さるようにされて陽が当たってないことが、よくわかった。
離れて見て全景がよくわかったのでした。

栗の枝を払って陽が当たるようにするからねって声をかけたんですよ。


おっとっとさんとのんちゃんに二度にわたって、栗の枝を剪定して貰ったので、
直に覆い被さるものがなく、陽が当たるようになったゆずの木です。
スポンサーサイト

comment

post comment

 
 

管理者にのみ許可
 

trackback

http://yumeichimin.blog72.fc2.com/tb.php/312-4c4120f7

FC2Ad

FC2 / hty

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。