FC2ブログ

CALENDAR

« 2019.04 »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

金魚clock

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

夢ーみん庭日録
せっせとお庭をつくります。 さてさて  今日はどんな一日になるのでしょう

スポンサーサイト

--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賑わい塾 2008・水俣

10.15
Wed
2008・秋・水俣
森も海も人も喜びに満ち、私たちを待ってくれていました。

水俣の豊かな川の水源地を育む山に、産廃施設が計画され4年目の今年、施工企業が計画の中止を決定しました。水俣市民の熱意ある反対運動の成果です。
この反対運動は立木トラスト始め、数多くの広範な活動を推し進め、
年月と共に風化してゆく水俣病の問題をまたあらたな局面として蘇らせたとも云える実質を作り上げました。
海が汚染され次は山まで汚染させないと立ち上がった多くの人たちの熱意が、産廃施設建設計画をひっくり返しちゃったのですね。

水俣病の歴史を刻んできた地であるからこその、そこに住む人の、人の熱意。
水源地麓に住み湧水、地下水の流れを知り尽くし、精密な資料を手作りした人。
林業を営みながら山の奥深くの遺跡、絶滅危惧種クマタカの生息を見つけ出した人。
水俣病問題では様々な立場である人たちがその立ち位置を越えて結束した4年の歳月だったそうです。これぞまさに「もやいなおし」。

当時はチッソ・行政側にいた人と運動側にいた人たちが共にその活動を報告を話して下さり、「まさかこんな日が来るとは思わなかった」とお互いに大笑いをされながらの、賑わい塾でした。


野本三吉さん司会。次々とお話し下さった水俣のそんな人たち。それぞれが熱意ある人達。


P1020843.jpg



P1020930.jpg



P1020932.jpg



P1020925.jpg




緒方正人さん。
彼がこれからもずっと、水俣にいることを忘れないでいようと思いました。
故川本輝男さんと袂を分かとうとそんなことは表層的な事象であって、
私にとっては、川本輝男さんに続く存在として認識された緒方正人さんでした。
資料館にあった彼のパネルも付けておきます。




P1020941ogata.jpg


P1020969.jpg


P1020971.jpg

P1020970.jpg

スポンサーサイト

comment

産廃施設建設中止になったというのは、かつて水俣での闘いで得たものがあったからでしょうね。ちょうど、ずっと水俣病患者の調査をされていた先生の授業をとっているので、関心のあるところです。今度会ったとき、是非お話聴かせてくださいね。
私も資料館行きました!懐かしい顔に写真がたくさんありましたよね(✿ฺ^-^✿ฺ)  私の写真もどこに貼り付けて公開したいと思っています! 京都に来られる時があれば連絡して下さい。会いたいです! 
ちゃらさやさん、
いい先生の授業を取ってるんですね。水俣で頂いた資料お渡しします。
ぱぎさんにも見せてあげよう。
Tommyさん、
資料館に寄ってよかったです。
アクセスの不便さが幸いしました。^^
うん、また会っていっぱいお話ししようね。

post comment

 
 

管理者にのみ許可
 

trackback

http://yumeichimin.blog72.fc2.com/tb.php/323-591e0346

FC2Ad

FC2 / hty

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。