FC2ブログ

CALENDAR

« 2019.04 »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

金魚clock

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

夢ーみん庭日録
せっせとお庭をつくります。 さてさて  今日はどんな一日になるのでしょう

スポンサーサイト

--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧乏子沢山

12.19
Fri
辛淑玉(しんすご)さんの講演会に行く。
こんな小さな町にいて、彼女の話を今まで2回も聞けるなんてありがたいですね。


「貧乏子沢山」
この言葉から何を想像するかと辛淑玉は聴衆に問う。
「はい、そこのあなた」と会場を和ませながら、一人づつに問いかけるように当てていく。
ちなみに私は前回も今回も当てられました。
ちょっと嬉しいかな^^

当てられた人たちが答えたものは、曖昧なものばかりだったが、辛淑玉はこう云ったんだ。
「私が想像するのは、性暴力。
貧乏で苦しい生活をしている女性に沢山子供が欲しいかと聞き、欲しいと言った女性は一人もいない。」
そして、「男性に性的行為の時に痛み苦しみを感じたことがあるかと聞いて、あると答えた人は一人もいない」と。


秋葉原事件の時、犯人はどういう奴だ、動機は何だと騒ぎ立つ。
最初の情報、暴力団。次、覚醒剤中毒。違う違う。
次、精神障害者。それもちがった。ではなんだ。
マスコミの流す情報は犯人像を暴かなければ落ち着かない社会不安と相乗し、矢継ぎ早に情報を垂れ流した。結果はトヨタ子会社の期間工。だが分析の落ち着いたところは、母親の問題。
普通の小さな男の子が幼稚園から学校をへて大人になった写真を見せながら、最後マスコミの取材に母親が土下座をしている写真で終わり、辛淑玉は云う。
問われるべきは「トヨタ」ではないのか。力の強いものではなく、一番弱い母親に向かったのだと。


こんな事は滅多にない珍しいことだと思うが、この日辛淑玉は講演後半に入って、声を詰まらせ、うつむいて涙をこらえる場面があった。私は思わず口から「すごさん」と小さな声が出てしまった。
だからこそ彼女の闘いは本物だと誰もが受け取ったことだと思う。


講演終了後外でばったり出会い、簡単なご挨拶だけする。
辛淑玉さんはまだ目に涙をにじませ、繊細な心が風で揺らぐ枝を長くいくつも持つ柳の木のようだった。







スポンサーサイト

comment

post comment

 
 

管理者にのみ許可
 

trackback

http://yumeichimin.blog72.fc2.com/tb.php/342-f46fd716

FC2Ad

FC2 / hty

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。