FC2ブログ

CALENDAR

« 2019.01 »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

金魚clock

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

夢ーみん庭日録
せっせとお庭をつくります。 さてさて  今日はどんな一日になるのでしょう

スポンサーサイト

--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15年周期の空

08.07
Fri
P1030251.jpg8月3日の入道雲

長い梅雨でした。
3日の青空は久々の青空。入道雲があんまり立派だったので、記念写真を撮りたい気分に。

お天気がこのまま夏へと移行してくれたら、農作物への被害はここらあたりはそうなさそうで、ほっとしています。東北以北は大変そうですね。早く回復しますよう。

この長い梅雨空に1993年の夏を思い出しました。
あの年も延々続く長雨、冷夏で、秋には外米を食べたんでしたっけ。
そして、次の年の1994年は、打って変わって猛暑、水不足の夏でした。
その年、初めて一年だけ田んぼを借りてお米を作ったのでした。
代掻きの意味も何も判らず、ただやってみようの動機のみ。
お師匠さんがよかったんですね。
一反あたりの収穫量日本一の方と、
地域でも有数の篤農家で宮内庁行事新嘗祭にお米を献上した方。
二人に教えて貰いながらおいしいお米をつくりました。

P1030258.jpg


一番記憶に残っているのは、水不足だったので、田に水が入る水口をいつも気にして眺めていたこと。田に行く前、北朝鮮の金日成が亡くなったと報じていて、田に着いてから、水口の水の流れを眺めながら、何となく「そうか、金日成がなくなったのか」と思っていたこと。

P1030257.jpg


その年は5月末からグングン気温が上がり、36度、37度と体温と変らない気温になった最初の年だったと思う。まだ、猛暑って用語もなかったし、ゲリラ雨という言葉もなかった頃。

15年周期で来年は猛暑かな?将軍は・・・

さて、今年はいつ干すの?とタイミングを失っていた梅干しの土用干しがやっと出来ました。

P1030259.jpg

3日目の昼過ぎから小雨になりましたが、何とか行程終了です。
スポンサーサイト

comment

post comment

 
 

管理者にのみ許可
 

FC2Ad

FC2 / hty

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。