CALENDAR

« 2017.07 »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

金魚clock

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

夢ーみん庭日録
せっせとお庭をつくります。 さてさて  今日はどんな一日になるのでしょう

スポンサーサイト

--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝島と瀬戸内に残された生物多様性スポットの海

11.26
Fri
「祝島が今大変なことになっています。」

マスメディアは全国版にて殆ど伝えず、ニュースにのることもありません。



山口県の南東・瀬戸内海に浮かぶ上関町祝島は人口500人の農漁業営む周囲12キロの小さな島。古くから交通の要衝で万葉集にも詠まれています。島民は自ら生態系を守り一次産業再生を自治会規則で確認し、無農薬のビワ栽培や耕作放棄地での放牧養豚が行われています。また周辺の海では一本釣りの鯛、サヨリや真タコが獲れ、世界最小の鯨スナメリや天然記念物の冠ウミスズメも生息する、瀬戸内海に残された希少な生物多様性スポットの海域です。

その祝島の集落から真正面の対岸4キロの所に、1982年中国電力が原発2基の建設計画を発表しました。以来、村民の9割が反対する祝島をはじめ多くの町民が反対運動を行ってきました。


祝島の対岸4キロのところに原発が出来るとはどういうことか。
明石海峡が最狭3.6キロ、明石海峡大橋がほぼ4キロ。つまり、神戸、明石から淡路島を臨む距離です。
私は兵庫県出身なのですぐ目に浮かぶ光景なのですが、そんなところに原発が出来ると想像するだけで、ぞっとします。神戸側、淡路島側どちらに出来るとしても、反対の声は、当然、圧倒的なものになるでしょう。
反対して当たり前の計画です。
ましてや、中国電力は今年島根原発が運転を中止しておる中、原発なしでも、電力供給は需要を上回り、余った電気を関西電力に売っているのです。
つまり、あの瀬戸内海の希少な海域を潰し建設される原発の電気を使うことになるかも知れないのですから、関西に住む私にとっても他人ごとではありません。


この上関原発建設計画は、建設予定地の土地の買収も完了していません。にもかかわらず、中国電力は昨年9月より埋め立て工事を着工しようとしましたが、抗議行動により実質的な作業はできず、工事海域を示すブイを設置しただけです。

それでも中国電力は昨年12月、経済産業省に「原子炉設置許可申請」を提出しました。その直前に中国電力は埋め立て工事を妨害したとし、4,800万円の損害賠償を求め住民らを訴えるということまでしています。

今年1月、祝島漁民は約10億円の漁業補償金を受け取らないことを決めました。
原発を拒否して、海を守る祝島の人たちの生活は28年間続いています。






今夏祝島に行きました。
島の中を歩き、島の人たちとお話をして、海を渡り、建設予定地の田の浦の浜にも立ちました。
そしてこの素晴らしい自然を守ることは、祝島の人たちだけの問題ではないという思いをより一層、あらためて強くしました。

田の浦で建設反対をしていた場所が、無断で荷物を運び出されてフェンスに囲まれてしまったのは9月2日未明。

そして9月9日0時 工事のための3台の台船が夜中に侵入。祝島の漁船が緊急出動しています。




3台のうち1台の台船は無理な侵入をして座礁し、修理のために引き揚げましたが、以降も、祝島の人たちは連日、工事に対する抗議行動を続けています。

中国電力は地元の合意を得るために話し合いの努力をすると云いながら、突然真夜中に工事を強行しようとしています。この見事な二枚舌ぶりは一体どういうことなのか。
周辺住民が反対しているのは今に始まったことではなく、28年間も正々堂々と建設計画に反対、抗議している中で、工事海域傍まで台船を運び、祝島の人たちを消耗、諦めさせるためでしょうか?
危険な海の上でのこと、とりわけ社会的責任を大きく負う電力会社の許されることでしょうか?
莫大な費用を無駄にして、それがいずれ電気料金に上乗せされるなんて、とんでもない話です。

11月の緊急レポート。



24時間夜通し、祝島の漁船が監視していた台船が、10日目の今朝、午前1時に引き揚げたとのことです。

昨日からこのブログをアップする準備をしていたので、いち早くこの情報を得ることが出来ました。
よかったです。とりあえずのことですが、よかったです。



詳しい情報をぜひご覧になってください。
祝島の島民の会のブログ。
http://blog.shimabito.net/祝島島民の会
http://ameblo.jp/nijinokayaker/
シーカヤックのメンバーが、全国から続々と田の浦に集まり、抗議行動をしてくれています。
http://ameblo.jp/nijinokayaker/虹のカヤック隊

リアルタイムに幅広く伝えてくれているブログはここ。
http://iwaijima.jugem.jp/



今年この祝島の状況をテーマにした映画が2本完成しています。
違う切り口で同時に2本、全国各地で上映されています。
是非、ご覧になってください。


映画「祝の島」
*「祝の島」HP  http://www.hourinoshima.com/


「ミツバチの羽音と地球の回転」
↓劇場公開情報(作品公式サイトより)
http://888earth.net/theater.html

この事態への抗議、反対の意思表明は以下へ。

一番対応が悪いのは中国電力です。

またかといった調子がありありと伝わり、聞いている時間がありませんと、途中で電話を一方的にお切りになったりされます。
それだけ多くの抗議の声にうんざりしているのでしょう。

みなさんも電話、メール、ファックスを是非どうぞ!



中国電力
TEL 082- 241-0211
FAX 082- 523-6185
メールフォーム
https://cc-www.energia.co.jp/faq/1024/app/servlet/ext_inquiry_a?linkid=904&linkstr=%8C%B4%8E%71%97%CD%8F%EE%95%F1

中国電力 上関原発準備事務所
TEL 0820- 62-1111

山口県知事への提言
TEL 083- 933-2570
FAX 083- 933-2599
メールフォーム
https://cgi01.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/koho/chiji-teigen/3teigen.htm
スポンサーサイト

comment

post comment

 
 

管理者にのみ許可
 

FC2Ad

FC2 / hty

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。